HGUCユニコーンガンダムを塗装する〜その3

昨日はパチ組していたユニコーンガンダムを分解しました。今日はゲート処理に入っていきます。パーツ点数も多いので根気よく削っていきたいと思います。MGクロスボーンガンダムでだいぶ鍛えられたとはいえ、HGUCフルアーマーユニコーンガンダムもパーツ点数は半端な数ではないので、なかなか進むんでいるように見えませんが、今日は武器パーツを中心に合わせ目の出るパーツの接着とゲート跡の削り、ヒケの処理を行いました。

IMGP1865

毎日2時間ぐらい作業に当てられるようにしているのですが、今日は仕事の帰りが遅かったこともあり、なかなか捗りませんね。

IMGP1866

細かい部分でもペーパーを掛けてみると、意外とヒケが目立つ部分があったり、パーティングラインがあったりと、気の抜けない作業とおなりました。

IMGP1867

合わせ目を消す部分も結構あるようで、目玉クリップの数もちょっと足りない感じです。バズーカの分に6個ぐらいは必要なのと、ブースタータンクの分で大きい目玉クリップが4個ぐらい必要になりそうですので、明日、会社帰りに買ってきたいと思います。

IMGP1868

紙ヤスリの当て木もMGで酷使したためか、粘着テープが消耗してきたらしく、貼り付かない状態になっていたので、粘着テープの貼り替えなど、ちょっと細かい作業もしました。

ちなみに、当て木の粘着テープにはニトムズ はがせる両面テープ くりかえし貼れる透明 15mm×10m T3810と言うのを使っています。両面テープなのですが、それぞれの面の粘着力の強さに違いがあり、粘着の強い面を当て木側に、弱い面をサンドペーパー側にすることで、サンドペーパーだけを剥がして貼り替えられるようにしています。それでも、何度も貼り替えていると粘着は弱まりますので、弱くなったらテープも貼り替えて使っています。これは結構便利ですね。

明日も、同じような作業になり、進捗の報告だけになるかもしれないですが、見捨てずよろしくお願いいたします。m(_ _)m

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。