カテゴリー
ガンダム 日誌 模型

HGUCユニコーンガンダムを塗装する〜その60

デカールの作業が全て終わりましたので、今日はデカール保護のためのトップコートをします。前回、関節部分のつや消しトップコートをした時に、つや消し用の添加剤の量を加減してしまったため、つや消し具合がおもったよりつや消せなかったので、今日はつや消し添加剤を追加購入してきましたので、思いっきりいれて、これぞつや消しトップコートという物を作って置きたいと思います。

imgp2910

まずは、作り置きしてある通常のクリア光沢トップコートを用意します。これにつや消しの添加剤を投入してつや消しトップコートを作るという作戦です。使いかけのつや消し添加剤と新たに買ってきたつや消し添加剤です。

imgp2911

そして、空のスペアボトルを用意します。このスペアボトルに、クリア光沢トップコートを5グラム(光沢クリア2.5g:レベリングうすめ液2.5g)を入れ、つや消し添加剤を2.5グラムとレベリングうすめ液を2.5グラム入れてよくかき混ぜます。つまり、光沢クリア1にフラットベース(つや消し添加剤)1の割合なので、100%つや消しということになるはずです。

imgp2912

はい、出来ました。ラベルに自信満々に書いときました。字が下手ですがいつものことです。気にすんな。

imgp2913

つや消しの方はこのぐらい白濁しています。いいおっさんが夜中にこの白濁した液体をこそこそと作っているところを想像して下さい。怪しさしかありませんが、見まごうことなき健全な模型製作活動です。

imgp2914

早速、デカールの部分に吹き付けて見ました。完全フラットです。フラットダークグレーよりもフラットです。ツヤの境目がなんとなく分かる感じはあります。

この時点では、まだ完全に乾燥していないのでなんとも言えませんが、だいたい目指した感じのフラットトップコートが出来上がりました。今回作ったこのつや消しトップコートをベースにして、もう少しツヤを出したいときは光沢クリアを追加してあげれば半ツヤになりますし、自由自在にツヤを調整出来ると思います。

imgp2922

次回は、このパーツにドライブラシを掛けてメタル感を出していきたいと思います。

ではまた~(●´ω`●)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください