HGUCユニコーンガンダムを塗装する〜その9

今日も絶賛ゲート跡処理開催中でした。進捗報告ですが、合わせ目の処理にかなり時間を取られ、2点しか処理できませんでした。アクセサリーパーツはモナカ割りの構造が多い割にディテールが細かくて、合わせ目の部分がかなり入り組んだ所にあったりするとヤスリが入らなかったり、何かと手間がかかり時間も取られるんです。この辺りプラモデルの醍醐味と言ってもいいかもしれません。

IMGP1892

やっぱりちょっとだけ合わせ目が見えてしまう部分もありますが、サーフェイサー吹いてみてから、再度処理したいと思います。

IMGP1896

これで、アクセサリーパーツの処理がすべて終わりました。数えたところ、108点ありました。何だか意味深な数字ですが、煩悩の塊であるボクにはちょうどいい数字なのではないでしょうか。

IMGP1898

そして、残りのパーツです。白のパーツは89点、グレーと紺色、黄色、クリアパーツ合わせて68点。全部で157点です。合わせ目消しが無いだけ楽かもしれませんが、まだまだ結構な数がありますね。

IMGP1894

残りのペインティングクリップは46本。パーツ全てを挟めないので、とりあえず、白のパーツの処理を先行してやっていきたいと思います。

明日もゲート跡処理ですが、重ね重ね、よろしくお付き合いのほどお願い申し上げます。*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。