HGUCユニコーンガンダムを塗装する〜その6

引き続き絶賛ゲート跡処理中です。今日は会社帰りにおなじみ百均に行って目玉クリップと強力マグネットを買ってきました。マグネットの方は先日改修した作業場ハッチのダンボールを開閉する際に磁力でパチっと閉まるようにするために買ってきました。結果は大変良好です。写真を撮っていないので、お見せできないのが残念ですが、また後日お見せできたらいいなと思います。

imgp1877-1600x1060.jpg

実は何が原因なのかわからないですが、自宅のインターネッツがつながらなくなってしまいまして、ネットサーフィンも出来ないかったためかゲート処理の方は結構捗りました。細かいパーツ係ですが、30点ほど処理できました。シールドのパーツのトンガリが細くてしんどかったです。

imgp1878-1600x1060.jpg

目玉クリップを増やしましたので、合せ目消しです。こうしてクリップで挟んで圧力をかけることで合わせ目のプラが程よくはみ出して、綺麗に合わせ目を消すことが出来ます。このまま3日間放置です。

imgp1879-1600x1060.jpg

残りはシールドのパーツ数点と本体です。本体も結構細かいパーツが多いですね。ペインティングクリップも足りなくなりそうなので、白以外のパーツから先に処理を済ませて塗装に入りたいと思います。

imgp1880-1600x1060.jpgサイコフレームのパーツなんですが、実はコレにもゲート跡があるので処理したほうがいいのですが、どうしようかちょっと迷ってます。目立つような場所にゲート跡がなければ、無視してもいいのですが、数カ所、表に出てしまう部分があるので、その部分だけでも処理しようかな。

クリアパーツはサーフェイサーで傷を消すことが出来ないので、ゲート跡を削ったら1000番以下のペーパーで傷をなるべく目立たなくして、最後はコンパウンドで磨くという作業になります。ちょっと大変。

明日もインターネッツにつながらない状態ですが、ゲート処理頑張ります。_(:3」∠)_

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。