HGUCユニコーンガンダムを塗装する〜その20

遅々として進まないHGUCユニコーンガンダムの塗装ですが、今回でとうとう20回目となりました。今日も実質の進捗としてはほとんどダメな状態でしたが、一応の報告という形で記録してゆきたいと思います。

本日、行った作業としては塗装する塗料の調色作業です。ラッカーのホワイトとパールカラートルマリングリーン、クリアーの3色をエアブラシ用に1:1の割合で希釈しました。

imgp2033

MGフルクロスの時にもパールカラーの塗装をしたのですが、クロスボーンガンダムX1の時はボディーカラーのイメージに合わせてブルー系のサファイアブルーというパールカラーを使いました。今回のユニコーンガンダムはデストロイモードの時に露出するサイコフレームの色がグリーン系なのでパールカラーもそれに合わせて、トルマリングリーンを使ってみたいと思います。ホワイトとクリアーはいつもどおりです。

imgp2035

調色にはスケールを使います。この長い瓶の場合は塗料を5グラムとエアブラシ用レベリングうすめ液を5グラム入れて、10グラム入ります。通常のMr.カラーの瓶の場合は塗料3.5グラムとエアブラシ用レベリングうすめ液3.5グラムの合計7グラム作ることができます。

クリアーはトップコートとして頻繁に使うので多めに作っておくと便利です。

imgp2038

そして、調色した瓶にはラベルを貼っておきます。字がド下手ですが、読めればいいんです。

imgp2034

調色するとどうしても空き瓶が出ますので、ある程度溜まってきたら、洗浄しておきます。空き瓶をきれいにしておけば、調色したものをいつでも保管しておけるので便利なんですが、どんどん溜まっていきます。これ、みんなどうしてるんだろう?ヨドバシカメラと模型店で回収して再利用とかに出してくれたりしないんだろうか。

imgp2037

と考えながらきれいにしました。四角い瓶は洗いにくいですね。そもそも洗って使う事が考慮されていない感じです。

と、今日の進捗はここまでです。次回はいよいよサーフェイサーの上にホワイトを塗装していきます。ではまた〜( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。